SSブログ

【話題】冨山房サイエンスカフェ「脳についてのうわさ,うそ?ほんと?」でおなじみの金澤一郎さん 「食品安全のための科学」に関する談話を発表

本日発行された「食品安全委員会e-マガジン 臨時号」より引用.

「食品安全のための科学」に関する会長談話

 つい先ごろ、参議院本会議において、内閣府食品安全委員会の下に
設置されたプリオン専門調査会の座長であった科学者を、食品安全
委員会委員に推す人事が否決されました(※1)。科学者が直接責任
を問われるのは、故意に不正行為(ねつ造、改ざん、盗用など)を
行った場合と科学的判断を誤った場合などですが、問題にされた事例
はそのいずれにも当てはまりません。
 この出来事の根底には「安全のための科学」に対する重大な誤解が
あると考えられますので、国民の皆様に正しいご理解をいただきたい
と考え、談話を発表することにしました。

 食品の安全を守るためには、科学的観点のみから行う「リスク評価」
の実施が重要です。これは、例えば食品中に含まれる有害な微生物や
化学物質などを摂取した場合、どのくらいの確率でどの程度健康への
悪影響が起こるのかを科学的に評価するもので、これを上記の内閣府
食品安全委員会が担当しています。一方、このような科学的な
「リスク評価」の結果を踏まえて、技術的な実行可能性、費用対効果、
国民感情など様々な事情を考慮し、関係者との十分な対話を行った上
で適切な政策・措置を決定・実施する作業が「リスク管理」です。
これは厚生労働省や農林水産省等の行政機関が担当します。
 こうして「リスク評価」と「リスク管理」を分離することにより、
リスク評価の科学的な独立性と中立性が図られるとともに、リスク
管理機関が、リスク評価を前提としつつ、その他の様々な事情を考慮
して政策・措置を決定・実施する裁量が確保されています(※2)。
しかし、残念ながら、このような仕組みが各方面でまだ正確かつ十分に
理解されていないために、誤解や混乱が起こっていると考えられます。

 今回の出来事に関する第1の問題は、リスク評価者である食品安全
委員会が、データ不足のために科学的評価は困難であることを承知
しつつも、食用牛肉のリスクを評価したとして非難された点です。
一般に科学の結論を得るためには多くのデータが必要であり、データ
が多ければ多いほど不確実性は減ります。科学者は長い時間をかけて
データを集め、少しでも確実な結論を得る努力を続けます。
 一方、何らかの社会的な問題に対して緊急に対策を実施する場合には、
その時点で得られるすべての、しかし十分とは言えないデータだけを
基にして、いくつかの前提を置いて「確率論的」に早急に結論を出さ
なくてはならないことがあります。もちろん新たなデータが得られた
ときには評価結果を見直します。これは国際的にも広く認められた
リスク評価の手法です。もしも「データ不足による科学的評価の困難さ」
を理由にしてリスク評価の結論を先送りするならば、科学の判断が全く
入らないリスク管理者の主観的な判断だけに基づく政策・措置を策定
するという、好ましくない結果を生むことになります。

 第2の問題は、米国産牛肉の輸入再開を決定したのはリスク管理者
であるにもかかわらず、科学的知見に基づき客観的かつ中立公正に
リスク評価を行った研究者個人の責任が問われたことです。これは
リスク評価とリスク管理の違いを十分に理解していないために起こった
誤りと考えられますが、その影響は重大です。このような非難を避け
ようとして、リスク評価に際して社会的影響を予測しながら評価を行う
というような非科学的要素が入り込みやすくなり、リスク評価の独立性
と中立性も損なわれ、食品の安全を守る上でも大きな障害となることを
危惧します。

 食品の安全確保の仕組みを守るためには、このような誤解を解くこと
が重要であり、関係するすべての人たちがリスク評価という科学の性格
を理解し、その独立性と中立性が重要であることを改めて認識し、これ
を守る努力を続けていかなければならないと考えます。

平成21年6月30日
日本学術会議会長 金澤 一郎

(※1)第171回国会 議院運営委員会 第29号(平成21年6月5日)
(※2)日本学術会議 牛海綿状脳症(BSE)と食品の安全特別委員会
報告『食品の「安全」のための科学と「安心」のための対話の
   推進を』(平成15年6月24日)

参考:食品安全委員会メールマガジン第148号(平成21年6月12日)

   
(参考)

食品安全委員会第289回会合(H21.6.11)冒頭の見上委員長
のご発言

 今回の食品安全委員会委員の同意人事におきまして、政府が提案した
吉川氏の人事案が、先週、参議院で否決されました。私が報道から理解
するところでは、食品安全委員会が行った米国産牛肉のBSEに係る
食品健康影響評価が米国産牛肉の輸入再開に事実上のお墨付きを与える
ことになったものであり、吉川氏がその評価結果をプリオン専門調査会
座長として取りまとめたことを反対理由として挙げているように思われ
ます。私は、これを突き詰めれば、食品安全委員会が当該評価を科学的
知見に基づき中立公正に行わなかったと言っているのと同じなのでは
ないかと思います。今回の人事案がこのような理由で否決されたので
あるとすれば、食品健康影響評価を科学的に中立公正に実施することを
使命とする食品安全委員会自体が否定されたことを意味し、断腸の思い
です。
 私は、食品安全委員会委員長として、米国産牛肉のBSEに係る食品
健康影響評価がこのように理解され、また、国民に誤解を与えるような
情報発信が行われている事を憂慮するとともに、非常に残念に思います。
私は、食品安全委員会委員長として誇りを持って断言いたしますが、
プリオン専門調査会も食品安全委員会も、米国産牛肉のBSEに係る
食品健康影響評価を科学的知見に基づき中立公正に行うことに誠心誠意
努め、また、その姿勢を貫き通すことができたと考えています。その事
は膨大な議事録と詳細な評価書をお読み頂ければ、明らかであると思い
ます。これだけは、国民の皆様にご理解いただきたいと思い委員長とし
て一言申し上げさせていただきました。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。